受験シーズン真っ只中ならば正解はその逆に決まってる

受験シーズン真っ只中∠( ̄◇ ̄)まわりは皆
目的の高校へ行くため、必死に猛勉強。

うちの型破り次男も受験生♬

「勉強?なにそれ?おいしいの?!」
なんてことは言ってないけど…イってるッ。

去年の12月、三者面談のときに
それは、もう決定していたw( ̄▽ ̄;)wワオッ
「高校へは行きません。」

でたぁーこれだから低学歴の親は・・・
まともに子育てすらできんのか!
と思われたことでしょう。。。
えぇーあーまぁーそのとおりでございます♡

「ふつうに生きるな」
「みんなと違う、それ最高じゃん」
と育ててきたから、この流れは想定内。

だがしかし。問題はココからΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ

「カナダに留学したい。」
好きなアーティストがカナダ出身だから
行ってみたいと軽々しく言ってきやがったw

「ふつうに生きるな」とはいったけども。。。
実際、狂ったこと言われると
どうしていいかわからなくなるぅ(-。-;)

とりあえず3ヶ月、行きたいです。

費用は?

まぁ、100万あれば大丈夫です。

はぁ?!3ヶ月で100万?
誰が出すのぉ?

お、お願いします

・・・。

パパに相談してください!

と、こんな流れになりましてぇ。
「100万稼ぐのが、どんなに大変なことか…」
なめてんなぁ~あいつぅぅぅ_s(・`ヘ´・;)ゞ..

普通の親がやりがちな態度や言葉
出さないつもりだったけど
こりゃ~自我を保てんかったわぁ。笑

さて、主人の反応はと言うと・・・

 3ヶ月かぁ~そりゃ短いわぁー
せめて1年は行かな、意味ないよぉ

答えが、もっと狂ってた((o(>皿<)o)) キィィィ
余裕ぶっこいた顔で、、、、すました顔で
「ねぇkeiちゃん。1年は行かなきゃ意味ないよねぇ?」
と問いかけてきた。

「う、うん。そりゃそうだぁ~」←平常心保つの必死

人生たのしく好きなことを、とことん全力で
頑張ってほしい。←それは理想

小さな脳ミソで考えろぉ!普通の親なら絶対
反対して否定的なことを言うだろう。。。
ならば正解は、その逆に決まってる!ミ(ノ゚^゚)ノ

その歳で、海外に行きたいって凄いよぉ♡
立派、立派。たいしたもんだぁ~
と主人と褒め倒しました。お互い平常心保ってねw

ただ費用を全て親が出すのは違う。

これからどうなる型破り次男・・・
どうなる、わが家のお金事情・・・
どうする、、、、

「ドキドキ♬ワクワク楽しい人生だなぁ~」
なんて言ってられるの今だけだったりしてぇ。笑